1. HOME
  2. 私たちの特長

私たちの特長

無垢材の木の家作り

私たちの建てている家の構造材は国産材の無垢の木を使ってます。最近では飛騨高山産の杉・桧を使わせていただき、構造があらわしになっている仕上方法にしてます。飛騨高山といえば木工や家具で有名です。1本1本強度試験をしている木材を流通の中間マージンをカットして産地直送で仕入れをしています。床材は杉・パイン・カバサクラ・他など標準で無垢床材を貼っております。窓枠やドア枠・幅木など無垢の木や杉・パインの集成材を工夫して標準で使っております。室内のドアなども造り付でオリジナルの仕上にしてます。大手メーカーのような化粧シート貼りのものは使用してません。

真壁の家

真壁(しんかべ)工法の家づくりを得意としております。真壁とは、柱の見える工法のことです。最近では壁の中に柱がある(大壁おおかべ工法)が一般的になっているようですが、昔ながらの柱が1本1本見える家づくりをしております。天井は貼らずに梁組みもあらわしにします。柱が見えるということは大壁の構造よりは柱の数が多くなります。柱や梁を見せるということは大工の技術も必要になってきます。大壁構造で柱や梁を覆ってしまうよりは構造を見せて木の調湿効果や香り、温かみを味わいながら木と共に住み続けていく家を造っております。

断熱性能を重視した高性能な家づくり

断熱性能を重視し、快適な住環境を目指してます。せっかく造った豪華な家でも寒くて床が冷たい家では後悔してしまいます。断熱性能・サッシの性能を重視し結露のない『家が大好き』になる家づくりを提案いたします。断熱材には自然素材の『セルロースファイバー・高性能グラスウール・発泡断熱』など予算に合わせてご提案します。最近では充填断熱+外張り断熱のダブル断熱を推奨しております。

冷暖房も家づくりと共に考えご提案

断熱性能の良い家を造ってもやはり暖めたり冷やしたりする熱源は必要です。一般的な家よりは昼間の日射で温まりますが、雨の日や曇りの日もありますので熱源は必要と考えます。お施主様のお好みによりますが、太陽熱を利用した床暖房のできるハイブリッドソーラーハウスや太陽熱で空気を暖めて床暖房にするそよ風。エアコンや蓄熱暖房機を床下に落としこんで床下暖房にする方法も工夫しながら施工しております。また、マキストーブも火の癒しを求めてお選びになる方もいます。

トータルプランニングでより良い住環境に

家づくりをすすめるに当たりまずは、プランが大事です。朝起きてから寝るまでの動線を考えてもらいます。私はできるだけぐるぐると家の中を廻れる動線を提案してます。行き止まりがないプランは広く感じます。動線にストレスがなくなります。それから、構造に無理のないプランと同時に耐震性・耐久性を検討します。そこに断熱性能と冷暖房の性能がプラスされ、ご予算の中でご提案できるよう日々勉強しております。また、お住みになってからの居住性・ランニングコストなど、今までの経験を活かしご提案しております。